So-net無料ブログ作成
検索選択

<普天間移設問題>官邸と社民に亀裂 民主党内にいらだちも(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鳩山由紀夫首相が25日、月末にまとめる政府対処方針を閣議で決める意向を明らかにし、連立与党内の緊張が高まっている。「5月末決着」の体裁にこだわる首相に対し、社民党は「閣議決定や閣議了解のサインはしない」(福島瑞穂党首)と拒否する姿勢。民主党は参院選での与党協力を優先して決着先送りへの動きを強め、3者の綱引きが激しくなっている。

 首相は具体的な決定方法には言及しなかったが、閣議決定や閣議了解には閣僚の署名が必要。政府は社民党に配慮し、署名が必要ない首相発言での決定も模索した。しかし、福島氏は25日、沖縄県名護市内での記者会見で「閣議決定、閣議了解ではなく、首相の談話にも反対していく」と真っ向から対立した。与党内のあつれきにもかかわらず首相が「月末決着」の演出に腐心するのは、閣議による意思決定で沖縄の負担軽減に向けた姿勢をアピールするためだ。

 ただ、首相官邸と社民党の対立に民主党はいら立ちを募らせている。民主党の輿石東参院議員会長は25日、国会内で社民党の又市征治副党首らと会談。又市氏は、政府が28日にも予定している日米共同声明について「発表を思いとどまるべきだ」と要請した。

 社民党は参院選を前に連立離脱の事態を避けたいのが本音だ。又市氏は「選挙協力も何もあったものではない。時間をかけて、月末決着にこだわるべきではない」と主張した。焦点の1人区の多くで民主党候補の支援に回る社民党として選挙協力を引き合いにした露骨な揺さぶりだった。

 民主党の山岡賢次国対委員長は25日、与党3党で普天間移設についての「覚書」をまとめることを社民、国民新両党に提案。しかし、小沢一郎幹事長が「政府に任せるべきだ」と指示し、社民党との交渉を政府側に委ねた。【高山祐、西田進一郎】

【関連ニュース
普天間移設:日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で
記者の目:普天間問題 鳩山首相の責任=古賀攻(政治部)
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
普天間移設:首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ
参院選:政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく

首相動静(5月16日)(時事通信)
「大阪維新の会」参加期限は6月中下旬(読売新聞)
不同意堕胎、容疑の医師「申し訳なかった」(読売新聞)
口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
渡辺元郵政相が参院選不出馬(産経新聞)

<宮中晩さん会>カンボジア国王迎え、皇居で 140人出席(毎日新聞)

 国賓として来日したシハモニ・カンボジア国王(57)を迎えての天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が17日夜、皇居であった。皇太子さま、秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻ら皇族方や日本とカンボジア両国の関係者ら約140人が出席した。

 天皇陛下はあいさつで「内戦により多数の人々の命が失われ、誠に痛ましいことでした。この内戦の残したわざわいは今も続いており、当時埋められた地雷により被害を受ける人の数は、決して少なくないと聞いております」と話した。

介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ−長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
<著作権法違反容疑>仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)
小沢氏に再聴取要請=石川議員ら3人も−陸山会規正法違反事件・東京地検(時事通信)
<自民党>青木幹雄氏、参院選出馬を断念 体調不良で入院(毎日新聞)

「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)

 神奈川を拠点とする生活協同組合「コープかながわ」のハーモス荏田店(横浜市青葉区)が、本来なら処分する生のトンカツの売れ残りを冷凍保存した上で、カツ重に調理し、原材料名なども表示しないまま販売していたことが分かった。

 同店は購入者から「味がおかしい」と苦情を受けた後、保健所にカツ重に転用して再販売したことを隠して報告しており、保健所は食品衛生法に違反する疑いがあるとして調査を始めた。

 コープかながわは、静岡や山梨県も含め計152店舗を支える「ユーコープ事業連合」(同市港北区)の会員組織。ユーコープによると、同店は今年3月28日、全店共通のセールの目玉として国産豚を使ったロースカツ約1100枚を仕入れ、1枚198円で販売。カツはパン粉をまぶした冷蔵の生肉で、消費期限は当日限りとされていた。

 内規では、売れ残りは品質が保てない恐れがあることから、すべて廃棄する決まりだったが、同店は売れ残った約330枚の生肉をすべて冷凍保存し、4月24日までにカツ重に調理して1個498円で販売。この日、2個を購入した同市内の夫婦から「酸っぱい味がして、吐き出した」と店に苦情があった。

 同店には約330枚のうち約80枚しか残っておらず、約250枚がカツ重として販売されたとみられる。店の担当者は「大量に売れ残り、もったいないと思った」と説明したという。また、販売の際、食品衛生法で義務づけられた原材料名なども、パックに表示していなかった。

 ユーコープによると、苦情のあった商品を検査したところ、健康に被害が出るような問題は見つからなかったが、肉質が劣化していたという。同店は4月26日、保健所に苦情内容を報告。その際、カツ重への転用や消費期限には触れなかった上、納入時は冷蔵の生肉だったにもかかわらず、「冷凍の状態で店に納入されたカツを調理した」と虚偽の説明をしていた。

 ユーコープ広報課は「まだ調査中なので、きちんと報告しなかっただけ」と説明している。一方で、保健所は「店側の報告内容は事実の隠蔽(いんぺい)にあたる。当事者から事情を聞いて、事実関係を明らかにする」としている。

着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)
うつ病自殺7割が精神科を受診 「抗うつ薬」安易な服用に懸念(J-CASTニュース)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
石原都知事 性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」(毎日新聞)
<誤認逮捕>トルコ籍の男性を強制わいせつ容疑で 仙台南署(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。